『在宅死のすすめ方』取材班

『在宅死のすすめ方 完全版』(世界文化社)は以下の面々で取材・執筆・構成を担当した。

(取材・執筆)
福島安紀(ふくしま・あき)/医療ライター、横井かずえ(よこい・かずえ)/医療ライター、大成谷成晴(おしょうだに・しげはる)/編集・ライター、小川留奈/医療ライター

(構成)
田中留奈(たなか・るな)/「伝えるメディカル」代表

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT