日本人が知らない英国「コロナ病棟」のリアル

現地在住看護師が語る医療崩壊を防ぐ仕組み

新型コロナ患者が増え続ける中、新たにいくつかの感染病棟が院内に設置され、その中には外科専用の新型コロナ感染病棟も用意された。患者の増加率や入院パターンに合わせて病棟数や形は変わっていった。実際に私も途中で別のコロナ病棟異動をさせられ今に至る。

無謀にも見えたこのチーム編成だが今までを振り返ってみて大成功と言える。最大の理由は、サポートやバックアップが厚いことだ。通常、医師チームが病棟に1日常駐するなどありえない。ところが、新型コロナ感染病棟では内科上級医さえも1日、病棟に常駐している。

看護師にしても同様だ。患者の受け持ち数は通常の内科病棟の半分近く。わからないことがあれば、すぐに内科看護師のサポートが受けられる。看護助手も多く配置されているので、看護師業務に専念できる。医師も看護師も、病欠を見越して十分な人数が確保されていたので皆が、「自分の本来の業務よりもラクだ」と感じている。

寄せ集め医療チームは一様に、本人の意思とは無関係に新型コロナ医療の前線に送られ、感染への恐怖に加えて、専門外の内科が務まるのか不安を抱えていた。だからこそ、互いを理解し、助けあって乗り切ってきた。「仲間」と呼べる存在だ。こうして物理的だけでなく、精神的にも内科と非内科の組み合わせ技で編成された医療チームは現場スタッフに大きなメリットをもたらしたのである。

閉鎖部門の完全な再開は未定

5月半ばにロックダウンが一部解除された頃から少しずつ病院の閉鎖部門も再開の目安が話し合われているが、ソーシャルディスタンスのために、規模をもとどおりにすることは当分無理だろうと言われている。そのうえ新型コロナ患者は減少したとは言え、入院患者は毎日のように来る、現在進行形の問題なのだ。だからこそ病院側でも各部署の完全な再開の予定はまったく未定としか言えない。

閉鎖部門からの医師や看護師は、たいていは専門性の強い分野であり、今は研修中やトレーニング中の立場であることも多い。筆者自身もその1人だが、特に各専門分野での研修医にとっては本来ならこなしているの研修プログラムも遅れ、一時停止状態になったままだ。

各閉鎖部門では手術を待つ患者は増えていく一方で、ウェイティングリストを解消するのは長期戦になるだろう。幅広い患者の受け皿を整えて貢献していくためにも、医師や看護師の1日も早い研修復帰が望まれる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT