自粛生活に「幸福を感じた人」が口々に語る理由

150人調査で見えてきた、意外な「要不要」

コロナ自粛で人々の意識はこうも変わっていました(写真:Fast&Slow / PIXTA)

コロナは私たちの生活をどう変えたのか。先日、筆者が個人的な興味から始めたアンケート調査には、数日で150件もの回答が寄せられた。SNSではおおっぴらに言いがたい悲喜こもごも、さまざまな本音がアンケート結果からは見えてきた。

人間関係の変化に焦点をあてた前回記事に引き続き、後編の今回は回答者たちの仕事に関する意識や、ライフスタイルに起きた変化について見ていきたい。

前回記事:150人調査で見る「コロナ下の日本人」驚く変化

通勤や仕事自体の苦痛からの解放

まずは仕事や働き方において生じた意識の変化について。最も多く挙げられたのが、通勤の苦痛から解放された人たちの歓喜の声だった。

〇通勤の苦痛から解放された人たち
週休3日になって心にゆとりができました。満員電車から解消されて通勤時にあまりイライラしなくなりました。座れるのサイコー(関東在住、29歳、OL、金融系事務職)
在宅勤務となり、通勤する意味を見いだせなくなった。仕事中はスイッチが入っていてテンションが高めだったんだなという発見も。家だと、素の冷たい自分が出てしまい、オンラインmtgで素っ気なく応対してしまいます。黙々と家で作業だけしていたい、同僚などいらない(WEBメディア運営会社に勤務)
人生楽しくなった。 今まで仕事ジャンキーだったが暇になったから(転職したばかりのエンジニア)
在宅勤務になったので乗車率150%の異常な混雑の電車に乗らずに済み、その電車が危険なために1時間早い通勤をしていたため、睡眠は2時間増えました。快適になりました(女性)

 

以前から大きく問題視されていた首都圏の異様な通勤ラッシュ。東京都知事が満員電車ゼロを公約に掲げようとも、頑として変わることのなかった東京の悪しき日常が、コロナによって一瞬で様変わりした。

時間差通勤やリモートワークの推奨。これによって多くの人の働き方が変わり、必然的に生活の質も向上。わかっちゃいたが、実現しえなかった余裕のある暮らしを思いがけず手にした人たち。しかし世の中の状況を鑑みると、どうもこの喜びをおおっぴらには言い難い、という多くの人が、この匿名アンケートで本音を打ち明けてくれたように感じる。

次ページ仕事はなくなったものの…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT