ひろゆきが語る「1%の抜け道に気づく成功者」

才能や頭の良さなしでも勝てる「サードドア」

――『サードドア』ではインサイドマンの存在もポイントになっていますが、ひろゆきさんもそのようなコネクションは重要だと思いますか?

僕は人付き合いが苦手なので、インサイドマンはいないですね。日本の場合、コネクションでうまくいった人というのは、だいたいみんなすごく忙しくて大変なんですよ。誘われたら飲み会に行ってお礼を言わなきゃいけないとか、紹介されたあの人に会わなきゃいけないとか、スケジュールがぎっしり詰まっている。

僕にはそういうのがないので、自分の好きなことをいつでもできる自由な時間があるんです。海外に住みたいと思えばすぐそうできる。でも世の中の成功した人は、あまりそういう自由がありませんよね。

自分だけのカードを使うという話ともつながりますが、世間的には、僕は変わり者だと思われている。だから、「お金を持っている成功者に近づきたい」とふわっと考えているような一般的な人は、あまり近寄ってこないんです。

超有名企業だと、社員を募集するとすごい数の応募が来ますよね。「有名」だから。でもほとんど使えないだろうし、優秀な人をその中から見つけ出すのはすごく難しい。逆に、そういう価値を持たない会社に入りたいと言ってくる人は、その会社に何かを感じていて、自分でなんとかしようと考えているケースが多いわけです。

それと同じで、僕も社会的評価がそんなに高くないので、近づいてくる人もクセのある、行動力の高い人が多いんですよ。だから、何かやろうとするときも、すぐに役に立つ人が見つかって、すぐに動ける。これってラクなんですよね、僕の言葉で言うと。

「成功の〇カ条」なんてウソだと思えるか

若い人は、ビジネス書の中に「成功の〇カ条」みたいなものを欲しがるかもしれませんけど、この本は逆ですよね。「成功の〇カ条」こそみんなが並ぶファーストドアそのもので、そこじゃない道がありますよねと言っている。

「成功の〇カ条」をやれば必ず成功するなんてウソじゃん、そんな簡単ならみんな成功してるよ、と。そんなふうに考えられるようになるのが、サードドア的視点を持つことだと思います。

日本も、1960~70年代は経済成長していましたから、みんなが進む道を行けばよかった。有名大学を出て、大銀行とか一流企業に入って、これで一生安泰だと。でも今は銀行もリストラ、人気の生命保険会社もAIに仕事をとられてリストラですよ。

絶対安全、幸せだと思っていた道が、もう危険だらけになっている。これからは、みんなが群がって進むファーストドアこそが危険で、そこを行くとみんなと同じように落ちていく。だからセカンドドア、サードドアを探したほうがいいんですよ。

次ページラクに得する道が実はすいてる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。