住友林業「高さ350m木造ビル構想」の真意

「現代版バベルの塔」との揶揄を跳ね返せるか

既存の鉄とコンクリートによるビルとは雰囲気が大きく異なる(写真は完成イメージ:住友林業提供)

木造で日本一の超高層ビルを建設する

木造で高さ350m、地上70階の日本一の超高層ビルを東京・丸の内地区に建設する――。

こんな壮大なビジョンを打ち出したのは、木造住宅のリーディング企業の一つで、国内トップクラスの木材・建材事業などを展開する住友林業である。世界的にも例を見ない、一見、奇想天外、荒唐無稽だとも感じられる構想だ。

これは同社が今年2月8日に発表した研究・技術開発の長期ビジョン「W350計画」の説明会で明らかにされた。会場では、丸の内の高層ビル群の中に建つ、森を彷彿とさせる建物のイメージ映像も披露された。2041年を目標に実現を目指すという。

ビルの内部には店舗やオフィス、ホテル、住宅などが入居するが、内装材にも木材・木質建材が豊富に使われるとのことで、既存の鉄とコンクリートによるビルとは雰囲気を大きく異にするという。

構造は木材(木質建材)と鉄骨材のハイブリッド造で、その比率は9:1。これなら「木造」と表現しても差し支えないだろう。ちなみに現在、日本で最も高いビルは「あべのハルカス」(大阪市、高さ300m、地上60階建て)で、鉄骨鉄筋コンクリート造である。

筆者は説明を聞きながら、旧約聖書の『創世記』に登場する「バベルの塔」を想像した。天に届く塔を建てようとして途中で崩壊したとされ、空想的で実現不可能な計画の例えとされる伝説上の建物だ。

それに類する難易度の高いものだと思われたのである。実際、住宅不動産マスコミ関係者の中には、「大風呂敷」「絵空事」などと評する者さえいたくらいである。では、なぜこんな壮大なビジョンを打ち出したのだろうか。

次ページその理由は…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。