戸越銀座駅が「木造」ホームに変身した事情

開業以来90年ぶりのリニューアル

木を活かしてリニューアルされた東急池上線・戸越銀座駅のホーム

約1.3キロメートルの通りに400軒あまりの店が軒を連ね、メディアにもよく取り上げられる東京都品川区の戸越銀座商店街。その玄関口である東急電鉄池上線・戸越銀座駅のリニューアル工事が12月11日に竣工した。同駅のリニューアルは、1927(昭和2)年の開業以来約90年ぶりだ。

生まれ変わった同駅を初めて訪れた人は、電車を降りたとたん、そのたたずまいに驚くに違いない。新しくなったホームは、壁から屋根、ベンチに至るまでが「木」。それもそのはず、今回の改装は「木になるリニューアル」と銘打って行われたのだ。

ホームは東京・多摩地区で産出された「多摩産材」の板を格子状に組み合わせた凝ったデザインの屋根が全体を覆い、ログハウスなどの建物内にいるかのような雰囲気。墨色の駅舎は入口にオリジナルデザインののれんがかかり、金属製の切り文字による駅名が輝く。

木造駅舎が刻んだ歴史を受け継いだ

竣工の日は師走の日曜日とあって、商店街は買い物客でかなりの賑わい。駅前ではリニューアルの竣工を知らせるパンフレットが配布され、同駅に降り立った多くの人々が駅舎やホームにスマートフォンやカメラを向ける姿が見られたほか「この木のホームすごいね」「カッコいい駅になったな」といった声も聞かれた。

東急電鉄事業推進部沿線企画課の平江良成課長によると、駅改修の計画が持ち上がったのは4年ほど前。工事は2015年9月に着手し、約1年3カ月をかけて完成した。同駅を管轄する東急池上線・五反田駅の柴沼俊彦駅長は、木材を大規模に使用したリニューアルについて「前の駅舎が木造だった。90年の歴史があったので、それを継続する上でも木材を使おうということになった」と、その経緯を説明する。

次ページリニューアルに「初」の試み多数
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。