地下鉄不便地域をカバーする「都バス」の実力

ヒルズもビッグサイトも主要駅から直結

渋谷駅東口を発車する「都01」系統・六本木ヒルズ行きの都バス

東京山手線内で移動する人の多くは、JRや地下鉄を利用するだろう。この地域の鉄道網は充実しており、たいていの場合降りてから10分も歩けば目的の場所に着く。しかしそれでもなお、行く場所によっては不便な場合がある。

そんなときに活用すべきなのは、都バスだ。鉄道よりもバスが便利な地域や路線を、いくつか紹介しよう。

そのひとつは渋谷と六本木間の移動だ。距離が近く、繁華街として街の性格も似ていることから、相互の行き来は簡単そうに思えてしまう。だが、この区間は直接地下鉄で結ばれていない。新宿まで出て都営大江戸線か、恵比寿に行き東京メトロ日比谷線か。いずれにせよ遠回りだ。東京メトロ半蔵門線もしくは銀座線に乗り青山一丁目で都営大江戸線に乗りかえ……考えるだけでも面倒だ。

渋谷から六本木ヒルズへ、一番便利なのは…

そんなときは、都バスの路線があるかどうか確認しよう。渋谷駅からは、六本木ヒルズに直行する「RH01」という系統のバスがある。渋谷駅東口からバスに乗ると、六本木通りの坂を上ってまっすぐ走り、途中はどこにも停まらない。そして、六本木ヒルズの車寄せにダイレクトに到着する。

このバス、休日は1時間に4本程度あるものの、平日は1時間に2本程度と本数が少ない。だが、同じ区間には「都01」という本数の多い系統が走っている。渋谷駅東口と新橋駅の間を、六本木、赤坂、霞ケ関などを経由して結び、繁華街とビジネス街の双方をつなぐ路線だ。系統名の「都」とは「都市新バス」のこと。到着予告を行うバスロケーションシステムや、バス専用レーンの設置による定時運行が確保された路線だ。さらに本数も多く利便性が高い。

「都01」系統にも六本木ヒルズに直行する便があるほか、新橋駅行きや赤坂アークヒルズ行きに乗って「EXシアター六本木前」停留所で降りても六本木ヒルズまではすぐだ。アークヒルズ行きや新橋駅行きは多数運転されており、ほとんど待たずに乗ることができる。

次ページ広尾や麻布も都バスが便利
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT