VR・ARの先にある「混合現実(MR)」とは何か?

ビジネス利用で進化する仮想現実・拡張現実

VR・ARは一過性のブームで終わらない(撮影:今井康一)
VRというと、仮想の世界で女の子=「カノジョ」とコミュニケーションをとることができるゲームなど、エンターテインメント分野が話題になりがちだ。しかし、VR(仮想現実)が活用される分野は、こういったゲームやエンターテインメントだけにとどまらない。
VRがもたらすリアルな実在感を生かす試みは、ビジネスのさまざまな分野でも始まっている。
特定のIT領域それぞれについて、5年先までの進化を予想する『ITロードマップ 2017年版 情報通信技術は5年後こう変わる!』を上梓した気鋭のITアナリストが、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の進化とさらにAR・VRが融合するMR(混合現実)がもたらす近未来の世界を展望する。

リアルとバーチャルが混じり合ったMRへ

『ITロードマップ 2017年版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ソニーの「PlayStation VR(以下、プレステVR)」、オキュラスの「Oculus Rift」やマイクロソフトの「HoloLens」といったヘッドセット型の最新デバイスが市場に登場した2016年は「VR元年」と呼ばれ、VR(Virtual Reality:仮想現実)・AR(Augmented Reality:拡張現実)への関心が一気に高まった。

VRとは、コンピュータグラフィックス(CG)によって、あたかも仮想的環境の中に実際に入り込んでいるように人間に感じさせる技術である。一方、ARは、視界が完全に遮断されるVRと異なり、利用者の視界に情報を重ねて現実を“拡張”する。

スマートフォンの普及・性能向上に伴うディスプレイの小型・高精細化、画像処理性能の向上によって、一般の生活者にもヘッドセット型デバイスが入手可能となり、普及が始まっているのが現状だ。

近い将来、画像認識技術の性能向上によって、VRとARの区別は次第にあいまいになっていく。よりリアリティの高い仮想のイメージと現実世界とが結びつくことによって、リアルとバーチャルが混じり合った「MR(Mixed Reality:混合現実)」と呼ばれる技術分野へと収斂していくだろう。

ここでは、VR・ARを実現させるデバイスの現状とその進化、さらにVRとARが融合するMRへと収斂していくロードマップを展望したい。

次ページNASAのアプリで“宇宙飛行士”になれる?!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT