デキる人ほどスマホではGmailしか使わない

キャリアメールはガラケー時代の遺物

さて、そのGmailを使うためには、アカウントの取得が必要です。ただし、メール用にアカウントを新たに取得するわけではありません。グーグルのアカウントを持っていれば、誰でも使えます。グーグルアカウントのユーザー数は2014年にグローバルで5億を超えており、世界でいちばん使われているアカウントのひとつと言えます。YouTubeにログインするために使っている人も多いのではないかと思います。

今まで日本でグーグルアカウントを使ってこなかった人が取得するきっかけとなったのが、「ポケモンGO」ではないでしょうか。ブームが起き、すでに一部の公園などの景色を一変させ、夏休みの親子の課題にもなっているケースも多いようです。私の周囲でも子どものためにグーグルアカウントを取得したとか、おじいちゃんが孫とポケモンGOをやるために取得したという話も聞きます。ということで、この2016年の夏というのは、これまで普及してなかった層にグーグルアカウントが広がった夏だったと言ってもいいのかもしれません。

では、なぜ個人メールならGmail一択なのか?ということをご説明していきましょう。

世界で最も普及しているメールサービス

控えめに言っても世界でいちばん使われているメールサービスのひとつがGmailだからです。数が多いから正義というだけではなくて、世界標準ということは、各種アプリやウェブサービスがGmailにはどんどん対応するのです。

「Outlook」はメール閲覧にTouch ID認証を設定することができる

現在、iPhoneアプリで最高のメールアプリのひとつと言われているのが、マイクロソフトの「Outlook」です。おなじみOutlookの名前でわかるように、スケジュール機能、カレンダー機能、メールの振り分け、添付ファイルのクラウドサービスとの同期といった機能を備える高度なメールアプリです。アプリを開く際にTouch ID(iPhoneの指紋認証機能)で認証しないとメールを見ることができないという機能さえあります。さらにスマホで使いやすいようさまざまな機能がワンアクションでできる優れたUIデザインも併せ持っています。

そして、マイクロソフトのメールアプリであるにもかかわらず、GmailをIDとパスワードを設定するだけで使えるのです。

次ページただし、Gmailにはひとつ盲点がある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT