シャープが国内で2000人希望退職、鴻海との協議は30日か

拡大
縮小

今後、シャープをめぐって注目されるのが台湾EMS、鴻海精密工業との協議だ。今月26日より、シャープと提携している鴻海の郭台銘董事長が来日しており、30日夜にもシャープ首脳らと直接協議するとしている。鴻海とシャープは3月27日、シャープ株9.9%を1株550円で取得し約669億円を出資することで合意していた。だが、その後シャープ株が一時160円台まで下落し、出資条件の見直しが迫られていた。

30日の会談では、シャープへの出資条件見直しや、南京(中国)やメキシコのテレビ工場売却など上記以外のリストラ策が協議されるもよう。鴻海は、8月末までに共同声明を発表したいとの意向を示している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT