大転換する人材マネジメント 迫られる人事部の意識変革 伊東朋子著

 

本書を読めば、いま起こっている時代変化、その変化に対応するための方向がはっきりわかる。人事部の意識変革への起爆剤となることを期待したい。

本書の構成は、Prologue、Chapter01~04、そしてEpilogueとわかりやすい。人事関係者なら、内容に心当たりがあるだろうから、一気に読み進むことができると思う。

わたし自身がもっとも面白く読んだのはChapter03だ。Chapter03は、米ミシガン大学ロス・ビジネススクールのデイビッド・ウルリッチ教授が説く「HRの4つの役割」を紹介している。ご存じの方も多いと思うが、人事の役割を規定したもので「戦略のパートナー(戦略的HRのマネジメント)」「管理のエキスパート(企業のインフラストラクチャー〈制度や構造〉のマネジメント)」「従業員のチャンピオン(従業員からの貢献のマネジメント)」「チェンジエージェント(変革の推進者)」の4つである。

ウルリッチ教授は、従来のHRが果たしてきたのは「単なる制度、基準の番犬」に過ぎないと否定し、4つの役割を提起した。

最近の人事セミナーでは、この4つの役割が引用されることが多く、かなり多くの人事担当者には既知の知識かもしれない。しかし内容を細かく説明するセミナーは少ない。本書の解説は丁寧なので、一つひとつの役割の意味がよくわかる。

ウルリッチ教授は「HRの4つの役割」を実行するために必要な能力要件として「HRコンピテンシー」を定義している。しかしこのコンピテンシーを紹介する本やセミナーは少ない。

HRコンピテンシーの最新版は、ウルリッチ教授の調査研究グループが今年発表した「2012 Human Resource Competency Study」だ。Web検索すれば原文を読むことができる。本書はこの最新版を取り上げている。

HRコンピテンシーは6つある。「人事の戦略者(Strategic Positioner)」、「信頼される実践者(Credible Activist)」、「組織力の構築者(Capability Builder)」、「チェンジチャンピオン(Change Champion)」、「HRのイノベーター/インテグレーター(HR Innovator and Integrator)」、「テクノロジーの提案者(Technology Proponent)」の6つだ。

最後の「テクノロジーの提案者」とは、従業員同士を効率的につなぐためにテクノロジーを活用することである。たとえばソーシャルメディアを使ったコミュニケーションチャネルに投資することだ。ソーシャルメディアの登場はこの数年のことだが、最新版だけあってこのような新しいテクノロジーにも目配りされている。

6つのコンピテンシーの詳細については、本書を読んでもらいたい。これからの人事に必要な能力について知ることができる。

東洋経済新報社 1470円

(HRプロ嘱託研究員:佃光博=東洋経済HRオンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT