邦銀にも波及した欧米金融スキャンダル

邦銀にも波及した欧米金融スキャンダル

ついにLIBOR不正操作疑惑が邦銀に及んだ。

三菱東京UFJ銀行欧州本部の担当者が、2009年2月にほかの金融業者に頼まれ、BBA(英国銀行協会)に報告する円LIBORを意図的に下げて便宜を図った疑いが浮上。英国の銀行監督を担うFSA(金融サービス機構)が調査に入った。当該行員は長年、三菱東京UFJに在籍している現地スタッフで、同行はこの行員を自宅待機させている。

LIBOR不正操作に関する調査は10年から英米当局が開始し、現在は各国当局が取り組んでいる。同行もこれを受け、内部調査を行ったが、不正に関与した可能性をあぶり出せず、現地スタッフの動静を把握できていなかったことになる。

英米当局の撃ち合いも

LIBORはLondon Interbank Offered Rate(ロンドン銀行間取引金利)の略。国際的な金融センターのシティで、有力銀行13~18行の決まったメンバーがBBAにそれぞれ調達可能な金利を報告し、上下4分の1ずつをカットした平均が短期の基準金利として公表される。ドル建てのほかユーロ、円など各種通貨建てがある。

当初は銀行間の資金融通だけで使われていた。だが、1980年代後半にデリバティブなど金融工学の発展とともに、さまざまな金融商品が作られるようになると、変動金利型の債券やローンなどの基準金利としてグローバルに幅広く使われるようになった。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT