邦銀にも波及した欧米金融スキャンダル

拡大
縮小
邦銀にも波及した欧米金融スキャンダル

ついにLIBOR不正操作疑惑が邦銀に及んだ。

三菱東京UFJ銀行欧州本部の担当者が、2009年2月にほかの金融業者に頼まれ、BBA(英国銀行協会)に報告する円LIBORを意図的に下げて便宜を図った疑いが浮上。英国の銀行監督を担うFSA(金融サービス機構)が調査に入った。当該行員は長年、三菱東京UFJに在籍している現地スタッフで、同行はこの行員を自宅待機させている。

LIBOR不正操作に関する調査は10年から英米当局が開始し、現在は各国当局が取り組んでいる。同行もこれを受け、内部調査を行ったが、不正に関与した可能性をあぶり出せず、現地スタッフの動静を把握できていなかったことになる。

英米当局の撃ち合いも

LIBORはLondon Interbank Offered Rate(ロンドン銀行間取引金利)の略。国際的な金融センターのシティで、有力銀行13~18行の決まったメンバーがBBAにそれぞれ調達可能な金利を報告し、上下4分の1ずつをカットした平均が短期の基準金利として公表される。ドル建てのほかユーロ、円など各種通貨建てがある。

当初は銀行間の資金融通だけで使われていた。だが、1980年代後半にデリバティブなど金融工学の発展とともに、さまざまな金融商品が作られるようになると、変動金利型の債券やローンなどの基準金利としてグローバルに幅広く使われるようになった。


関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT