失敗しない就農ガイド、新規就農者の7割が農業だけでは生活できていない


「土地、ノウハウ、資金。新規就農者はすべてを借りて農業をしなければならない。それらを、その地域が貸し出せるかが課題」と鈴木氏。

盲点になりやすいのは販路の構築だ。鈴木氏は、「個人が直売所で頑張って販売しても、1000万円程度にしかならない。それでは若い世代が生活するのは難しい。JAの共同出荷を使い、販売先で悩ませないようにしている」と話す。

こうした取り組みの結果、地域に31人いる新規就農者のうち25人が、昨年の段階で1500万円以上の売り上げを達成している。

地域の全面的なバックアップが、生活の安定を生み出し、高い定着率につながった。今では、JA伊豆の国のミニトマト栽培農家の9割近くが新規就農者。その出荷量は拡大を続けており、地域の活性化にもつながっている。


就農するに当たってまず考えること

軌道に乗るまで研修期間も含めて3~5年は厳しい日々が続くという就農。では実際どのようにして就農するのだろう。

「まずは、自分がどんな作物を作りたいのか、どの地域で就農したいかを考えてもらっている」(全国新規就農相談センター)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT