失敗しない就農ガイド、新規就農者の7割が農業だけでは生活できていない


「土地、ノウハウ、資金。新規就農者はすべてを借りて農業をしなければならない。それらを、その地域が貸し出せるかが課題」と鈴木氏。

盲点になりやすいのは販路の構築だ。鈴木氏は、「個人が直売所で頑張って販売しても、1000万円程度にしかならない。それでは若い世代が生活するのは難しい。JAの共同出荷を使い、販売先で悩ませないようにしている」と話す。

こうした取り組みの結果、地域に31人いる新規就農者のうち25人が、昨年の段階で1500万円以上の売り上げを達成している。

地域の全面的なバックアップが、生活の安定を生み出し、高い定着率につながった。今では、JA伊豆の国のミニトマト栽培農家の9割近くが新規就農者。その出荷量は拡大を続けており、地域の活性化にもつながっている。


就農するに当たってまず考えること

軌道に乗るまで研修期間も含めて3~5年は厳しい日々が続くという就農。では実際どのようにして就農するのだろう。

「まずは、自分がどんな作物を作りたいのか、どの地域で就農したいかを考えてもらっている」(全国新規就農相談センター)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。