失敗しない就農ガイド、新規就農者の7割が農業だけでは生活できていない


反響は大きいが、補助金による就農支援の有効性は疑問だ。これまでも何度かそうした支援は行われてきたが、補助金頼みの生活設計となってしまい、切れた途端に生活が行き詰まるという事例が少なくないという。また、「準備型」については、2010年7月の技能実習制度改正でコストが上がった研修生の代わりに、労働力として使われるだけで終わるのではないかとの懸念もある。

都会で働く農家子弟の就農を促すNPO法人、「こせがれネットワーク」の宮治勇輔代表理事は、「農家出身でなく、まったく農業経験もない人の新規就農はウルトラC」だと言う。地域に足場がある「こせがれ」の農村回帰にこそ優位性があると見る宮治氏は、「青年就農給付金は弱い農業者を増やすだけではないか。票田を増やすだけのバラまき政策だ」と手厳しい。

実際、新規就農で成功するのは簡単ではない。全国新規就農相談センターが約10年以内の就農者を対象にアンケートを取ったところ、72・3%が、今の農業所得では生活が成り立たないと回答。うち6割が生計を立てられるメドが立たないと回答している。つまり就農者の4割が農業を続けられず、ギブアップ寸前の状態だ。就農後5年超の人でも3人に1人が、生計が成り立たず、メドも立たないと回答している。


農業法人に就職する道もあるが、待遇面が問題だ。求人を見ても、ほとんどが月給15万円程度。住み込みで食・住は無料としても、家族の生計を維持するのはとても無理だ。正確な統計数字はないが、新規就農者のうち3割程度が離農しているとみられている。

こうした現実を前に、新規就農者は減る一方。10年の新規就農者は、約4・5万人。ピークとなった06年の8・1万人から見れば、4割以上の落ち込みだ。しかもその半数は60歳以上で、40歳未満の若年層はわずか7660人にすぎない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT