バスでも“ハイブリッド戦争”、ガチンコ対決するいすゞと日野の複雑な関係

バスでも“ハイブリッド戦争”、ガチンコ対決するいすゞと日野の複雑な関係

トヨタ自動車の「プリウス」をはじめとする、ハイブリッド車(HV)が快走する国内乗用車市場。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車は、燃費性能に優れ環境にも優しい。国内乗用車市場はトップランナーのトヨタをホンダ、日産自動車などが追いかける“ハイブリッド戦争“真っ盛りだ。

その波が大型路線バス市場にも及び始めた。真っ向勝負するのは、商用車大手の日野自動車といすゞ自動車である。

いすゞは8月9日、ハイブリッド仕様の大型路線バス「エルガハイブリッド」(=写真=)を発売した。いすゞは2005年発売の小型トラック「エルフハイブリッド」で、すでに商用HVの分野に参入しているが、大型路線バスにHV仕様を設定するのは初めてとなる。

いすゞが意識するのは、トヨタ系の日野自動車。日野は20年以上前からHVバスを手掛けている。10年6月には、最新仕様のHVバス「日野ブルーリボンシティ ハイブリッド」を発売し、都市部を中心に販売を伸ばしている。

日野のHVバスは12年6月までに累計795台を売っている。これまで日野の独壇場だった分野に、国内市場でガチンコ勝負を繰り広げてきた最大のライバル、いすゞが殴り込みをかける構図である。競争が激化するのは必至だろう。

ただ、実はいすゞと日野は、バスの分野では協力し合う仲でもある。両社は折半出資でバス製造会社「ジェイ・バス」を設立。04年10月以降は、ジェイ・バスがいすゞ、日野それぞれのブランドのバスを生産しているのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。