ワシントン・ポストがNYタイムズに勝った!

そのデジタル戦略を分析してみると?

全体的なインタラクション数(ユーザーのアクション)は「ニューヨーク・タイムズ」に軍配が上がるが、投稿数に対する割合で見れば「ワシントン・ポスト」になる。「ニューヨーク・タイムズ」はこれについて、ファン層でのインタラクションが大きいが、それぞれのソーシャルメディアで拡散された後は、読者のアクションは小さくなりがちだと説明している。

即座に読者を引き寄せるコンテンツ

ベゾス体制になった「ワシントン・ポスト」は、頻繁に更新される記者や寄稿者によるブログを採用。新風を吹き込んだ。バロン編集主幹によると、「ウォンクブログ(Wonkblog)」や「ザ・フィックス(The Fix)」「ポスト・ポリティクス(Post Politics)」、それに地域の天気予報ブログである「キャピタル・ウェザー・ギャング(Capital Weather Gang)」や、6月に始まったワシントン政界の内幕を題材にする「パワー・ポスト(Power Post)」などの貢献が大きかった。

ただし、クリックされやすい見出しや、有料購読に際してのディスカウント継続を押し出すことが、これらが純粋な成長だったのかという疑問を生み出している。

しかし、同紙のGM兼プレジデントであるスティーブ・ヒルズ氏は、ちょっと立ち寄る人が増えただけでなく、以前よりも滞在時間が増え、来訪ごとのセッション数も増えるなど、戦略の結果が現れていると成果を強調。

「どちらかと言うと『面白いか、インパクト性を求めるか』というのは間違った選択なのだ」とヒルズ氏。「大きくかぶるところがあるから。だが、まず何よりも大切なこととして、大きなオーディエンスを作り上げねばならない。それは妥協が必要なことではない。弊社は低価格戦略を執っているが、長期戦を視野に入れてもいるのだ」。

Lucia Moses(原文 / 訳:南如水)

Image by Daniel X. O’Neil

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ベゾス率いる「ワシントンポスト」、ビジター数で「NYタイムズ」を抜く
ベゾスとともに「ワシントン・ポスト」復活を牽引した女性、コリー・ハイクのデジタル革命
創刊5年で 27万部! バイラルっぽい新聞紙「i」が英で人気

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT