アルバイト採用の実態調査、半数近くが正社員へ登用も

アルバイト採用の実態調査、半数近くが正社員へ登用も

 

HR総合調査研究所

中途採用市場と同様に熱いと言われるアルバイト採用市場。HR総合調査研究所(HRプロ)が実施したアンケート調査をもとに、その現状を探る。

●半数近い企業が実施するアルバイト採用

今回の調査は、人事部門を対象に実施しているが、アルバイトの採用は人事部門を介さずに、各現場が直接募集しているケースも多い。採用実績や採用人数については、実情よりも低めに出ている可能性があることを最初に断わっておく必要があるだろう。

それを前提に、まず2011年度のアルバイト採用の実施状況と採用数を見る。アルバイトを採用した企業は47%と半分を切っている。ただし、企業規模が小さくなるほどアルバイト採用は増える。

図表1:2011年度のアルバイト採用の有無(全体)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。