アルバイト採用の実態調査、半数近くが正社員へ登用も

 

●採用手段はハローワークとアルバイト求人サイト

アルバイトの採用手段では、「ハローワーク」(48%)が、「アルバイト求人サイト」(31%)を凌いでトップだった。「ハローワーク」は社員や契約社員採用の求人というイメージが強いが、アルバイト採用の求人でも利用できる。「アルバイトは地域密着型の採用が多いため、職安にまず求人を出し、候補者が少ない場合、地域の折込みや、場所やターゲット層によってはフリーペーパーなど選択して求人しています」という。

3位の「社員等の紹介」(24%)は、社員というよりも既存のアルバイトからの友達紹介というパターンが多いのだろうと推測される。「新聞折り込み」「アルバイト情報誌」といった紙メディアの利用は意外と少数派だ。アルバイトではなくパート募集であれば、また違った結果となったことであろう。

図表7:アルバイト採用の採用手段

●アルバイト採用の課題と正社員への登用制度

アルバイト採用の課題は、新卒採用や中途採用と似ている。「求める人材が来てくれない」「選びたいが応募者が少なすぎる」。そして「採用後の定着率」も悩みの種だ。

また「研修が確立していない」も中途採用同様に多い。新卒一括採用の研修制度は確立していても、不定期採用の中途採用とアルバイトでの研修はかなり難しいだろう。

図表8:アルバイト採用における課題

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。