アルバイト採用の実態調査、半数近くが正社員へ登用も

業種による違いもある。非メーカー系ではいずれの規模でも5割を超える企業がアルバイトを採用している。メーカー系では採用していない企業が3分の2と多い。

図表2:2011年度のアルバイト採用の有無(メーカー系)

図表3:2011年度のアルバイト採用の有無(非メーカー系)

2012年度のアルバイト採用数の見込みでは、「増やす」7%と「減らす」6%は拮抗している。企業規模別でみると、中堅・中小企業では「増やす」と「減らす」が拮抗しているのに対して、大手企業では「減らす」とする企業はなく、規模による違いが出ている。

図表4:2012年度のアルバイト採用数の前年度比

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。