国内販売で苦しむ三菱自、待望の新型車「ミラージュ」に込めた狙い

三菱自はミラージュの開発の力点をあくまで新興国に置いた。6月26日から国内で受注を開始。7月末時点で5000台を超えたが、国内でヒットするコンパクトカーは毎月1万台以上を平気で売っている。爆発的なヒットの期待は薄い。三菱自にとってはむしろ、リコール隠し問題をはじめ、過去の相次ぐ不祥事をきっかけにブランド力が低下したうえ、世界にも通用する強豪がひしめく日本で真っ向勝負するよりも、新興国を開拓したほうが合理的という判断なのだろう。

実際、三菱自は今期タイで12万台を生産、このうちタイをはじめ東南アジア地域に4割程度、日本に3割弱を供給する計画だ。三菱自の国内網にとっては、待ちに待ったミラージュだが、三菱自が供給を優先するのは新興国。国内で思ったように販売台数が積み上がらなければ、生産面だけではなく販売面でも「日本離れ」が加速するかもしれない。


(発表会にはCMキャラクターの唐沢寿明さん、本仮屋ユイカさんも駆け付けた)

(又吉 龍吾、撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。