国内販売で苦しむ三菱自、待望の新型車「ミラージュ」に込めた狙い

ミラージュの武器は低燃費だ。車体の軽量化や空気抵抗の軽減などによって、燃費性能は27.2km/リットルを達成した。普通乗用車カテゴリのガソリン車でありながら、国内市場の主役であるハイブリッド車(HV)や軽自動車の最新モデルと比べても遜色はない。たとえば、ホンダの主力車種「フィットハイブリッド」の燃費は26.4km/リットルである。そして、もう一つのウリが低価格。日本では最廉価版で99.8万円と100万円を切る。

だが、益子社長の力強い宣言とは裏腹に、実は三菱自にとってミラージュは、国内市場でのヒットを至上命題とはしていない。

三菱自は新興国強化を柱に据えた中期経営計画を11年1月に発表。その目標達成のカギを握る世界戦略車がミラージュだ。全量をタイで生産。日本には「逆輸入」される車である。すでにタイで先行して今年3月に発売。7月末時点の受注台数は累計3.3万台を超える。今後は東南アジア諸国やオーストラリア、欧州など世界150カ国程度に販売地域を広げる。日本市場はそのうちの一つに過ぎない。

生産地をタイに選んだ狙いは、低価格を実現するためだ。人件費の安さに加え、一定以上の燃費基準を達成した自動車メーカーには、8年間法人税が免除される政策もある。そして低価格を追求したワケは、今後の成長が見込める新興国での競争力を確保するためである。

日本の新車市場は世界でも指折りの激戦区だ。目の肥えた日本の消費者に受け入れられるには、高い品質と性能が求められる。ところが、それを基準に新車を開発すると、「まずはとにかく安い車でもいいから欲しい」新興国の需要になじまない場合がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT