好調なトヨタ系自動車部品各社の第1四半期決算、予想修正は対応分かれるが上方修正は堅い?

好調なトヨタ系自動車部品各社の第1四半期決算、予想修正は対応分かれるが上方修正は堅い?

7月31日、デンソー、アイシン精機などトヨタ自動車系部品メーカー8社の2013年3月期第1四半期決算が発表された。

13年3月期の上期(4~9月期)は、エコカー補助金による自動車生産の増加を追い風に、期初から各社とも強気の計画を立てていた。興味深いのは、第1四半期決算を受けて、第2四半期や通期の会社予想を修正するかどうかの対応が、各社によって異なっていたということだ。

第1四半期時点の営業利益の進捗率が、期初の通期計画比で25%を超えた会社が5社あり、そのパターンは以下3つに分類される。

(1)第1四半期の上振れ分を、第2四半期および通期の会社予想に反映させる。
 デンソー(進捗率38%、営業利益を第2四半期と通期に450億円ずつ増額)

(2)第1四半期の上振れ分を第2四半期の会社予想に反映させるが通期は据え置き。
 アイシン精機(同30%、営業利益を210億円増額)
 豊田合成(同39%、営業利益を55億円増額)

(3)第2四半期も通期も据え置き。
 愛知製鋼(同41%)
 トヨタ紡織(同34%)

各社とも基本的な業績動向に大差ないとすれば、なぜこのようにパターンが分かれるのだろうか。

第1四半期が予想以上に好調で、その後は期初計画どおりに推移すると想定するなら、(1)のように第2四半期と通期の予想を上方修正するのがまっとうだろう。「下期は上期の反動減があったしても下期の後半に持ち直す」とデンソーの伊藤健一郎常務は言う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT