好調なトヨタ系自動車部品各社の第1四半期決算、予想修正は対応分かれるが上方修正は堅い?

好調なトヨタ系自動車部品各社の第1四半期決算、予想修正は対応分かれるが上方修正は堅い?

7月31日、デンソー、アイシン精機などトヨタ自動車系部品メーカー8社の2013年3月期第1四半期決算が発表された。

13年3月期の上期(4~9月期)は、エコカー補助金による自動車生産の増加を追い風に、期初から各社とも強気の計画を立てていた。興味深いのは、第1四半期決算を受けて、第2四半期や通期の会社予想を修正するかどうかの対応が、各社によって異なっていたということだ。

第1四半期時点の営業利益の進捗率が、期初の通期計画比で25%を超えた会社が5社あり、そのパターンは以下3つに分類される。

(1)第1四半期の上振れ分を、第2四半期および通期の会社予想に反映させる。
 デンソー(進捗率38%、営業利益を第2四半期と通期に450億円ずつ増額)

(2)第1四半期の上振れ分を第2四半期の会社予想に反映させるが通期は据え置き。
 アイシン精機(同30%、営業利益を210億円増額)
 豊田合成(同39%、営業利益を55億円増額)

(3)第2四半期も通期も据え置き。
 愛知製鋼(同41%)
 トヨタ紡織(同34%)

各社とも基本的な業績動向に大差ないとすれば、なぜこのようにパターンが分かれるのだろうか。

第1四半期が予想以上に好調で、その後は期初計画どおりに推移すると想定するなら、(1)のように第2四半期と通期の予想を上方修正するのがまっとうだろう。「下期は上期の反動減があったしても下期の後半に持ち直す」とデンソーの伊藤健一郎常務は言う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。