パズドラとモンストが追い落とされない理由

その文化と歴史を理解しないと本質を見誤る

ミクシィの採用ページに、その背景の一部がインタビューとして公開されていますが、モンストのプロデューサーである木村弘毅氏は、実は前述のmixiゲームのプラットフォームも担当していた人物です。

mixiの良い時期も悪い時期も経験している木村氏が、モンストを開発する際に軸としたコンセプトが実際の友達と「多人数で遊ぶ」ことでした。

モンストは一発芸的なヒットではない

実はミクシィのゲームにおける中心的価値観は、mixiゲームにおいてもモンストにおいてもぶれていないわけです。つまり、モンストは、「リアルの友人関係」「多人数で遊ぶ」という自らのサービスのコアの可能性を信じ続けたミクシィの社員だからこそ生み出せたゲームということがいえます。

モンストのプロデューサーであるミクシィの木村弘毅氏(ミクシィ採用ページより)

誤解を恐れずにいえば、モンストは、初期のソーシャルゲーム競争に敗北したミクシィの執念が生んだ新しい本当の意味でのソーシャルゲームといえるかもしれません。そういう意味で、モンストが窮地に陥ったミクシィがたまたま当てた一発芸的なヒットと考えている人は本質を見誤っています。

モンストは「リアルの友人関係」を重視し、「多人数で遊ぶ」ということの価値を信じているミクシィだからこそ生み出せたゲームであり、ミクシィからモンストが生まれたのは実は必然と言えます。

そのモンストの勢いを象徴する一つのデータが、キーワード検索の傾向から人気度を測るGoogleトレンドにあります。2014年10月まではパズドラが上回っていましたが、その後はモンストが逆転。今もモンストが圧倒しています。

一見パズドラとモンストは同じようなゲームに見えるかもしれませんが、モンストはスマホゲームにリアルの友人関係を組み合わせたパズドラとは違うジャンルのゲームということができます。

最近ではパズドラも友人と同時に遊ぶ機能を追加するなどしてモンストを参考にしているようですし、最終的にはゲームの世界は流行り廃りがありますから、永遠にパズドラとモンストの時代が続くことはありえませんが。

実は一見同じような存在に見えるスマホゲームにおいても、大ヒットの影にはその会社の文化や歴史が大きく影響しているということにも注目してみると、違った風景が見えてきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。