ニホンウナギの危機、稚魚不漁で価格高騰

このままではウナギはほぼ絶滅?

 結果、稚魚の相場はまさにうなぎ上り。不漁で高値だった昨年の1キロ当たり約80万円に比べても今年は200万円以上に上昇した。長引く不漁で将来見通しに対する懸念が増幅。養殖業者が専門店に卸す活鰻の価格も大きく吊り上がった。

理由は特異な流通構造にもある。ウナギの取引形態は市場を通さず相対が基本だ。養殖は鹿児島、愛知、宮崎、静岡の4県の業者で国内生産の9割近くを握っており、生産者側の価格決定力が極めて強い。

一方、川下ではウナギだけを専業で扱う中小の仲卸や専門店がひしめく。単品商売で代替が利かないため、ウナギの供給がいったんストップすれば経営が成り立たなくなる。生産者が高値を提示しても、その価格をのまざるをえない状況だ。「高値でも(生産者に)言われるがまま。絶対にノーと言えない」(東京の卸売業者)との声が少なくない。

それでも稚魚の高騰で国内養殖業者も疲弊し始めており、業界は総崩れの様相だ。水産庁は6月下旬、緊急融資策を発表するなど、ウナギの安定供給に向けた対策をようやく打ち出した。

「このままでは絶滅」

ウナギ高騰に対応するため、業界も自主防衛に走っている。

専門店で使われるウナギは180~200グラム程度の細いサイズが一般的。1尾で1人前のうな重の器に収まる大きさで使い勝手がよい。

これに対して、養殖期間などにより250~300グラム程度に育った太いウナギは専門店で切り分けにくく、加工用などに回されることが多かった。だが、今年は「専門店も太いウナギを使うようになってきている」(東京の卸売業者)。稚魚の減少に伴い細いウナギが少なくなっており、見栄えはやや悪くても太いウナギを使って、1尾で複数人前のうな重を提供するなどの工夫を始めている。

次ページさらなる価格高騰は必至
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。