通貨を考える 中北徹著

通貨を考える 中北徹著

21世紀に入ってからだけでも、ITバブル崩壊、リーマンショック、ユーロ危機など金融危機が頻発。金融・通貨の世界で何が起きているのかを経済学者が解説しながら、その基底に潜む財政の問題を取り上げる。

「決済」という側面から国際金融の問題を俎上に載せ、大量の資金を、安全かつ速やかに移動させられるインフラの整備の重要性を訴える。特に、「PvP方式」と呼ばれる、異なる通貨の受け払いを同時に履行することができる決済システムの導入を勧める。このシステムを導入すれば、圧倒的にドルに依存する日本や東アジア諸国の経済交流の拡大につながると同時に、決済リスクの分散に貢献するとも指摘している。

ちくま新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT