通貨を考える 中北徹著

通貨を考える 中北徹著

21世紀に入ってからだけでも、ITバブル崩壊、リーマンショック、ユーロ危機など金融危機が頻発。金融・通貨の世界で何が起きているのかを経済学者が解説しながら、その基底に潜む財政の問題を取り上げる。

「決済」という側面から国際金融の問題を俎上に載せ、大量の資金を、安全かつ速やかに移動させられるインフラの整備の重要性を訴える。特に、「PvP方式」と呼ばれる、異なる通貨の受け払いを同時に履行することができる決済システムの導入を勧める。このシステムを導入すれば、圧倒的にドルに依存する日本や東アジア諸国の経済交流の拡大につながると同時に、決済リスクの分散に貢献するとも指摘している。

ちくま新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT