津賀パナソニック始動、脱テレビと本社改革へ

まずは本社を必要最低限の100~200人に絞り込む。「旧電工や外部の優秀な人材など、パナソニックとは異なるDNAも登用したい」(首脳)。残りの人員は“前線化”する。その詳細は、8月3日に開かれる経営者会議で明かされるが、配置転換などを通じ、これまでより現場密着の組織体制になるはずだ。

目下、社内での津賀社長に対する見方は好意的だ。ただ、依然として赤字事業は残っており、追加の構造改革も「必要であればせざるをえない」(津賀社長)。すでにデバイス事業の一部切り離しや、旧三洋のデジカメOEM事業の売却が検討されている。デバイスや携帯電話部門、本社の人員に対する希望退職も年度内に俎上に載る可能性が高い。

痛みを伴う改革を行いつつ、33万人のモチベーションを維持し、復活へのエネルギーに変えられるか。新社長の実行力が試される。

パナソニックの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(前野裕香 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年7月14日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。