国内の自動車シェア争い、勝ったのはどこか

軽自動車税の引き上げが影響、明暗分かれる

軽自動車は全体的に低迷する中で、1~11月のトップシェアは31.8%のダイハツ。前年同期から約7万台減らしたが、2014年からシェアは0.8ポイントアップしている。

一方、昨年、暦年で2006年以来の軽ナンバーワンの座に返り咲いたスズキは29.6%(同1.6ポイント減)。前年同期比で11万台以上も販売を減らしている。12月を残しダイハツが4万台近くスズキをリードしており、2015年はダイハツがトップ奪回することはほぼ間違いなさそうだ。

面白いのは、業績ではダイハツが大幅減益に苦しむのに対し、スズキは増益を維持している点だ。

海外市場ではスズキに軍配

国内販売はともにマイナスだが、海外市場で明暗が分かれた。ダイハツが主戦場とするインドネシアとマレーシアは特にインドネシア市場が約18%減に、スズキがシェア40%台を誇るインド市場は2割増で推移している。

今年6月に社長に就任した鈴木俊宏社長。インド向け販売の好調に救われている(撮影:今井康一)

2015年9月期中間決算の発表で「軽のトップにこだわるか」という質問に対し、ダイハツで営業担当の吉武一郎取締役は「トップにこだわるか、と言われるとこだわります」と明言。スズキの鈴木俊宏社長は「期初に立てた目標にいかに近づけるか、地道に売っていく」と答えた。

両社の業績の余裕がシェア争いのスタンスの違いに現れているのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT