国内の自動車シェア争い、勝ったのはどこか

軽自動車税の引き上げが影響、明暗分かれる

2015年の東京モータ―ショーの来場者は2年前の前回より減少(撮影:大澤誠)

2015年も残すところあと1カ月となり、国内自動車メーカーのシェアの行方も見えてきた。

2015年1~11月までの国内販売台数(累計)は前年同期比91.2%の467.7万台。12月だけで挽回するのは難しいため4年ぶりのマイナス成長となる。

軽自動車は3年ぶり200万台割れ

特に低迷しているのが軽自動車だ。今年に入って11カ月連続での前年割れ、1~11月累計で176.5万台と前年同期比85.2%と沈んでいる。今のペースが続くと年間では3年ぶりの200万台割れとなる。

今年4月、保有にかかる軽自動車税がそれまでの年間7200円から年間1万0800円へ1.5倍に引き上げられ、軽の相対的な割安感が薄れた影響がもっとも大きい。加えて、ダイハツ工業とスズキのシェア争いが激化した前年の水準が高かったこともマイナス幅を大きくしている。

一方、登録車(軽以外の自動車)は健闘している。1~11月累計で291.1万台と前年同期比95.2%のマイナスではあるが、4月以降では前年割れは2カ月のみで4~11月累計ならば101%とプラスに転じている。登録車は2014年4月の消費増税後の反動減が大きかったため、軽より早く底打ちした。

次ページ登録車のシェアはどう変化した?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT