国内の自動車シェア争い、勝ったのはどこか

軽自動車税の引き上げが影響、明暗分かれる

2015年の東京モータ―ショーの来場者は2年前の前回より減少(撮影:大澤誠)

2015年も残すところあと1カ月となり、国内自動車メーカーのシェアの行方も見えてきた。

2015年1~11月までの国内販売台数(累計)は前年同期比91.2%の467.7万台。12月だけで挽回するのは難しいため4年ぶりのマイナス成長となる。

軽自動車は3年ぶり200万台割れ

特に低迷しているのが軽自動車だ。今年に入って11カ月連続での前年割れ、1~11月累計で176.5万台と前年同期比85.2%と沈んでいる。今のペースが続くと年間では3年ぶりの200万台割れとなる。

今年4月、保有にかかる軽自動車税がそれまでの年間7200円から年間1万0800円へ1.5倍に引き上げられ、軽の相対的な割安感が薄れた影響がもっとも大きい。加えて、ダイハツ工業とスズキのシェア争いが激化した前年の水準が高かったこともマイナス幅を大きくしている。

一方、登録車(軽以外の自動車)は健闘している。1~11月累計で291.1万台と前年同期比95.2%のマイナスではあるが、4月以降では前年割れは2カ月のみで4~11月累計ならば101%とプラスに転じている。登録車は2014年4月の消費増税後の反動減が大きかったため、軽より早く底打ちした。

次ページ登録車のシェアはどう変化した?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。