台湾スマートフォン大手HTC、アップルとの特許紛争で窮地


 台湾のスマートフォンメーカー、宏達国際(HTC)がトラブルに直面している。特許紛争のため、主力製品が米国の税関当局によって輸入を差し止められたのだ。一部の製品については通関が認められたが、投資家の間では特許紛争は回避できたはずだと、HTCに対する不信感が生まれている。

昨年12月、米国の国際貿易委員会(ITC)は、アップルから提訴されていたHTCの特許権侵害案件に対して、輸入を禁じる決定をした。これを受け今年4月以降、米国の税関当局はHTCの3タイプの新機種の輸入を禁じ、審査を行っている。

このニュースは投資家にとっては衝撃だった。昨年第4四半期(10~12月)以降、HTCの業績は大きくダウンしている。市場シェアが下がり、売上高も減った。そこで従来の多機種戦略を改め、機種を絞る方針に転換。サムスンとアップルに反撃しようとした矢先に、主力機種が米国で輸入差し止めとなったのである。

HTCは、「輸入禁止の措置が発効するまでに、アップルの特許に抵触しない製品を開発する自信がある」と表明していた。そうした事情があったため、投資家のHTCに対する不信が大きくなった。

税関当局の判断によっては、今後、米国に輸入されるすべてのHTC製品が審査の対象となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT