台湾スマートフォン大手HTC、アップルとの特許紛争で窮地



 陳氏によると、晶元光電(Epister)と瑞軒科技(Amtran Technology)の2社には過去に輸入差し止めの決定が出たが、HTCのように税関で差し止められるケースはそれほど多くないという。

瑞軒科技のケースは問題となったのが最終製品であり、今回のケースと似たところがある。この紛争は、09年、瑞軒科技が日本の船井電機から提訴され、ITCから敗訴の決定を受けたもの。しかし、米国への輸入禁止が発効する直前に、特許を買い取り、輸入禁止を回避した。

ただしHTCがこの手法をそのまま使えるわけではない。張氏は「瑞軒科研のケースでは、当事者である船井電機が決して『特許の巨人』ではなかった」と話す。HTCの相手はアップルであり、船井電機のようにはいかないことを示唆している。

バークレイズ証券のアナリストであるダール・ガイ氏によると、輸入差し止めとなったHTCの二つの新機種は、本来ならば、HTCの米国での販売に占める比率が今年半ばには35~40%なっていたはずだと推計する。HTCは売上高のうち米国が約30%を占めており、この発売禁止の影響は決して小さくない。

米国では今年7月サムスンの「ギャラクシーS3」、今年10月以降アップルの「アイフォーン5」が登場する。「HTCは機先を制するチャンスを失った」とガイ氏は語る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT