出会いのチャンス?「年末イベント列車」10選

「おひとり様」もグループでも満喫できる!

  3)由利高原鉄道の忘年会列車

大都会ばかりではなく、東北でも忘年会列車が走る。企画しているのは秋田県の由利高原鉄道。羽後本荘から矢島までの往復約2時間が飲み放題、折詰付きとのこと。土曜日夕方運転なので、遠方から1泊旅行を考えても楽しそうだ。

ただし、12月5日運転なので、予約するには、ちょっと厳しいかもしれない。12月19日からはクリスマストレインが走るけれど、こちらはファミリー向けであろう。地元以外は、2016年の企画に期待したい。

4)津軽鉄道のストーブ列車

津軽鉄道のストーブ列車

同じ東北では、定番の津軽鉄道ストーブ列車が楽しい。12月1日から2016年3月31日まで毎日運行なので、特定日運行の企画列車と違って計画も立てやすい。

一日3往復(12月の平日は2往復)、運賃のほか、ストーブ列車券400円が必要だ。車内でイベントを行うわけではないけれど、地元のアテンダントさんが楽しい話をしてくれたり、乗り合わせた人たちが集まって、ストーブでするめを焼いたりと、知らず知らずのうちに盛り上がってくる雰囲気がよい。車内販売もあり、事前に予約すればストーブ弁当を食べることができる。

ストーブ列車は予約なしに乗れ、ひとりでも構わないので、隣の席の人と意気投合することも多い。首都圏からは遠いけれど、東北新幹線「はやぶさ」を使えば、日帰りの弾丸ツアーも可能だ。今からでも充分間に合うだろう。

こたつでのんびり、おでんで一杯

5)三陸鉄道「こたつ列車」

暖かそうなこたつが車内に並ぶ三陸鉄道の「こたつ列車」

三陸鉄道の「こたつ列車」もすっかり冬の定番列車となった。震災後は一時中断したほか、路線の一部不通のため本来の姿ではなかったけれど、全線運転再開後は、従来に増して充実している。

お座敷車両も新しくなり、長いトンネル内で暗くなったときに「なまはげ」に似た「なもみ」が登場するなど、楽しいイベントもある。

6)「潮騒のメモリーズ号」

NHKの朝ドラ「あまちゃん」で使ったお座敷車両を利用した「潮騒のメモリーズ号」も12月19日に運転、ウニ丼も食べさせてくれる。いまだ「あまロス」の人は、ぜひお出かけしてみよう。4人でひとつのこたつに入るので、相席となることも多く、いつしか打ち解けて楽しい旅となるだろう。

7)豊橋鉄道「おでんしゃ」

このほか、ユニークな企画として、豊橋鉄道の「おでんしゃ」がある。路面電車の車内でおでんを食べながら一杯やる企画で、さながら「走る屋台」「走る赤ちょうちん」。年末年始を除いて、2016年2月28日まで毎日運転なので、一度出かけてみてはいかがだろうか。

スーパードライ飲み放題のほか、豊鉄ターミナルホテル宿泊割引サービスがあるので、遠方からの参加者には嬉しい特典である。路面電車の狭い車内は、楽しい出会いに打ってつけかもしれない。

次ページSL列車で大人の出会いは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。