年に一度のノンストップ山手線に乗ってみた

大崎発・大崎行き団体貸切列車の正体とは?

通過する山手線の車内からホームに手を振る乗客たち。「ノンストップ山手線」でしか見られない光景だ(撮影:尾形文繁)

途中駅に一切停車しない「ノンストップ山手線」をご存じだろうか。

回送列車であれば見たことがあるという人もいるだろう。だが、乗客が乗っているとしたらどうか。しかも、その乗客たちがホーム上の客に向かって「あかんべえ」をしたら、さすがに面食らうに違いない。

この列車は団体貸切列車「夢さん橋」号。毎年10月第2土・日・月祝の3日間にわたってJR大崎駅南口の自由通路で開催されるイベント「しながわ夢さん橋」のハイライトだ。

大崎駅を出発すると途中駅には止まらず、山手線をぐるりと一周して、再び大崎駅に戻ってくる。毎年、品川区の広報誌で乗車希望者を募集するが、もの珍しさもあって、11両編成の車両は1000人を超える乗客でいっぱいとなる。

マイナーな大崎を有名にしたい

ノンストップ山手線の発案者は大崎駅西口商店会の綱嶋信一さん。そもそものきっかけは1987年、大崎駅東口の再開発ビル「大崎ニュー・シティ」のオープンまでさかのぼる。

今でこそ大崎駅は周辺に高層ビルが林立し、りんかい線も乗り入れるターミナル駅だが、かつての大崎駅といえば、山手線の駅では鶯谷に次いで乗降客数が少ない駅だった。大崎で生まれ、大崎が大好きな綱嶋さんは、それがくやしくてたまらなかった。

次ページなぜ28年も続いているのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT