秘策はドクターイエロー、JR東海の観光戦略

全国で過熱する「観光列車ブーム」にモノ申す

「ドクターイエロー」が宙を飛んだ瞬間、見学者たちはどよめきの声を上げた(撮影:尾形文繁)

「おおーっ」というどよめきは、子供よりむしろ親から発せられたものかもしれない。

JR東海の電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」は、運行スケジュールが公開されず、「出会えたら幸運が訪れる」というほどが、実物を目にするのが難しい列車だ。その車両が見られるだけでなく、目の前で宙を飛ぶ。子供はもちろん、親でさえ初めての体験だろう。驚くのは当然だ。

画像を拡大
イベント当日、浜松工場は大賑わいだった(撮影:尾形文繁)

7月25~26日、JR東海・浜松工場で「新幹線なるほど発見デー」が開催された。年に1度、浜松工場を一般公開するファン待望のイベントだ。

例年の目玉は「新幹線吊り上げ」。その名のとおり、新幹線N700系の車体を吊り上げ、来場者の目の前を移動して、離れた場所にある台車の上に下ろす。

全長25メートルの車両が宙を飛ぶ姿は、ただでさえ迫力満点。それを今年はドクターイエローの車両を使って実施した。過去21回行われた「なるほど発見デー」でも初めてのことだ。「たまたまドクターイエローの全般検査の時期と重なったから」と、JR東海の担当者は言う。

JR東海の対応が変化した

全般検査とは、車両をバラバラに分解して徹底的に検査すること。走行距離120万キロメートル、または前回の検査から3年経過のどちらかに該当した段階で行われる。営業車両だけでなく、ドクターイエローのような試験車両も、時期が来れば検査対象となる。

とはいえ、工場内に留置されているのはドクターイエローだけではない。例年のように、営業車両で吊り上げイベントを行うという選択肢もあったはず。あえてドクターイエローを投入したところに、JR東海の戦略に何かしら変化が起きたと考えられる。

次ページイベントにはもう1つの目玉があった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。