あの「加賀屋」と組んだ北陸観光列車の実力

金沢-和倉温泉間で「花嫁のれん」が出発進行

10月3日に運行を開始する予定の「花嫁のれん」。名門旅館「加賀屋」のおもてなしを車内で味わえるのが魅力だ(撮影:尾形文繁)

北陸新幹線の金沢開業に沸く北陸地方に、また1つ、力強い援軍が加わろうとしている。金沢―和倉温泉間を走る2両編成の観光列車「花嫁のれん」。運行開始は10月3日を予定している。

ここ数年、全国各地で観光列車がブームとなっている。JR西日本も観光列車を次々と世に送り出してきた。

船を思わせるデザインが魅力の「瀬戸内マリンビュー」(広島―三原間)、大正・昭和期に活躍した詩人、金子みすゞをモチーフとした「みすゞ潮彩」(新下関―下関―長門市―仙崎間)など、地域で愛される観光列車も数多い。どちらも鉄道旅を楽しむことを念頭に、最上級の趣向を凝らしているのが特徴だ。

重箱のような外観と旅館さながらの内装

画像を拡大
重箱をイメージさせる車両側面(撮影:尾形文繁)

今回の花嫁のれんは、こうしたJR西日本の観光列車戦略を踏襲しつつも、さらに“驚き”を感じさせるデザインとなっている。

外観デザインのイメージを一言で表現すると「重箱」。正月におせち料理を入れる、あの箱だ。輪島塗をモチーフとした赤と黒を基調に、加賀友禅の着物の柄のような花や蝶がちりばめられている。

内装は1号車と2号車で異なる。1号車には半個室タイプの座席が8つある。通常の鉄道車両の指定席では、座席は「1A」とか「2B」のように数字とアルファベットで表示されるが、花嫁のれんの1号車では「桜梅の間」「撫子の間」と示されている。

座席どうしを仕切る格子が、旅館の和室のような雰囲気を醸し出す。通路に敷かれている絨毯の柄が日本庭園の飛び石をイメージしているのも「旅館」という形容にぴったりだ。

次ページ2号車はどうなっているのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。