三陸鉄道、「あまロス」なしで全線開通へ

『あまちゃん』続編期待!復旧間近の三鉄の魅力に迫る

社会現状にもなったNHK朝の連続テレビ小説あまちゃんの劇中に登場した北三陸鉄道。そのモデルが三陸鉄道だ。14年4月には、いよいよ全線が復旧する。「あまロス」はあるのか?これからの「三鉄」は?三陸鉄道の望月正彦社長に話を聞きながら、改めてその魅力に迫った(写真も筆者、一部を除く)。
三陸鉄道「北三陸号」の車内。アテンダントは大人気だ

岩手県三陸北部にある、三陸鉄道の北端、久慈駅。つい3年前までは、地元の人々と三陸の旅行客、そして鉄道マニアだけが知っている駅だったと言ってもいい。地方にあるローカル駅、という形容詞がぴったり合う風景である。

小さなローカル駅に、観光客がいまも続々

そんな小さな駅に、2013年の春以来、多くの観光客が押し寄せた。新幹線八戸駅から乗り継いでも2時間近くかかる久慈駅。中には観光バスで乗り付けてくる団体客もいる。それぞれが、笑顔で記念写真を撮っている。

そう、この久慈駅は「北三陸駅」として、日本で一番有名な架空駅になったのだ。それは、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台であり、ある意味主役といってもいい存在感をだしていたのである。

北三陸鉄道リアス線、通称北鉄。三陸の海岸線を走る第三セクターのローカル線としてドラマに搭乗したのは、三陸鉄道がモデルと言うことは、いまや誰もが知るところだ。そして、全国に名前が知れ渡ったのが、あの「3.11」、東日本大震災の被害を知らせるニュースの一コマであったことも、記憶に新しいだろう。

次ページ鉄道には、移動手段だけではない、役割がある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。