三陸鉄道、「あまロス」なしで全線開通へ

『あまちゃん』続編期待!復旧間近の三鉄の魅力に迫る

三陸鉄道には南リアス線(釜石-盛)と北リアス線(久慈-宮古)があり、あわせると全長は約108キロメートル。本社は北リアス線の宮古駅にある。社長の望月正彦氏は元岩手県職員だ。大震災で壊滅的な打撃を受けたが、徐々に復旧。現在は、南リアス線の吉浜-釜石間(15キロメートル)、北リアス線の小本-田野畑間(10.5キロメートル)の復旧工事が進んでおり、14年4月の復旧に向け、全力で取り組んでいる最中だ。

約束された赤字!?国鉄から見放された路線で再出発

「鉄道には単なる移動手段ではない役割がある」と望月社長は熱く語る(撮影:池口 英司)

望月社長は『あまちゃん』の影響力のすさまじさを語る。「とにかくすごかった。観光客が増えただけではなく、沿線住民が三鉄(三陸鉄道)に寄せる思いを再確認させていただきました。モータリゼーションの勃興で、鉄道の役割は終わったとも言われてきましたが、移動手段と言うだけではない役割が、きっと鉄道にはあるのです」

まずは、望月社長の解説に従って、簡単に三陸鉄道の歴史を振り返ろう。もともとは、当時の国鉄の赤字路線のひとつ。1980年国鉄再建法(日本国有鉄道経営再建促進特別措置法)によって、国鉄が分割民営化される際、不採算路線を切り離して、第三セクターの会社に営業が引き継がれた。JRとしてはお荷物だったのだ。1984年4月第三セクター三陸鉄道は、北リアス線、南リアス線を開業し、当時珍しいワンマン化などの合理化を行い、なんと国鉄時代と違って、黒字を出した。

「実は、路線が移管される前、国鉄時代には全線開通にはなっていなかったのです。ただ、工事は始まっており、もうすぐというところまで来ていました。84年までの4年の間にその工事を終了させたことで、三陸の沿岸部が一続きになったのです。それで利用者が増えたのです」

久慈から宮古の北リアス線がつながると、北はJRの八戸線によって八戸まで行けるようになった。南は宮古からJR山田線で釜石に向かえる。釜石は当時新日鐵の高炉が稼働していて、三陸一の鉄の街であった。その釜石から南へ南リアス線が盛駅に開通したのだ。

次ページ仙台とつながり戦略柔軟に、地元の高校進学率もアップ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。