三陸鉄道、「あまロス」なしで全線開通へ

『あまちゃん』続編期待!復旧間近の三鉄の魅力に迫る

大震災後の、北リアス線・島越(しまのこし)駅。全てが流された

「ドラマ『あまちゃん』では、震災前、震災後、北鉄と地元住民の交流が多く描かれていました。ほとんどのエピソードは、現実あったことです。だから、北鉄は、三鉄の事実に即したドラマなんですよ(笑)。

あの震災から2年半、少しずつ開通路線も増えています。来年には北も南もすべて再開します。そこから、新しい三鉄ドラマが始まるのです」

復旧に向け、工事が進む島越駅。全線開通は、もうすぐだ

東日本大震災は三陸地方に、そして三陸鉄道に、とてつもなく大きなダメージをもたらした。だが同時に、「移動手段としての鉄道」だけではない「人と街をつなげる」「人と人がつながる」、そんな意味合いを持つことも分かった。

加えて、列車は通っていない駅に人が集まり、情報交換をする姿も見られた。まさに駅は「ランドマーク」だったのである。

14年4月には全線開通、三鉄に「あまロス」なし!

あまちゃんが終わったいま、楽しみにしていた視聴者にあまロスが起こっているという。

「三陸鉄道も毎朝、オープニングで車両の映像が流れていましたから、終了の影響が皆無かと言えば、そのうち出てくるでしょう。でも、終わったことよりも、あのドラマがあったことで、全国に三鉄を知ってもらえたことの方が大きい。ドラマが始まって、観光客が3割増えました。終わった今でも観光客は増え続けています。『また来たい』と思ってもらえるように、地元自治体と一緒に、あまちゃんをきっかけに働きかけていけたらいいと、そう考え、活動しています」

来年には全線通じる、と言うことは、あまちゃんの最終回ではないが、東京まで、いや日本中に通じると言うことになる。 観光客も離れないように努力を続けていくという望月社長。「三陸鉄道にあまロスなし」。そう言い切った。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。