人種とスポーツ 黒人は本当に「速く」「強い」のか 川島浩平著

人種とスポーツ 黒人は本当に「速く」「強い」のか 川島浩平著

夏季五輪の陸上男子100メートル決勝で、1984年のロサンゼルス大会から2008年の北京大会まで、直近7大会のスタートラインに立った56人の選手はすべて黒人だ。黒人以外の選手が同種目で世界記録を打ち立てたのは半世紀以上も前の60年、ドイツのアルリン・ハリーが記録した10秒0までさかのぼらねばならず、今やこの記録は世界歴代200位にも及ばない。

かつては劣った人種とされ、スポーツの記録からは遠いところにあった黒人。彼らは身体能力に優れているのか。人種によって運動能力は決まるのか。米国史を研究する著者が人種とスポーツの関係を歴史的にたどり、最新の科学的知見を交え、能力の先天性について解明する。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT