長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

 

HR総合調査研究所

前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が実施した、企業、大学、学生に対する調査結果をもとに、2013年新卒採用を振り返るとともに14年新卒採用へ向けての動向を見てみる。

●ばらつく内定ピーク時期

選考の開始時期は2~4月に集中したが、内定出しは集中していない。3年間のデータを比較する。11年卒から12年卒にかけて大きな変化があり、11年卒では文系のピークは4月であり、前半15%、後半28%、合わせて43%だ。ところが2012年卒では、4月前半と後半を合わせても22%と半減した。そして「6月以降」が11年卒の18%から12卒では34%と増えた。13年卒も12卒と同じ長期化傾向が続いている。

理系は文系ほど極端ではないものの、同じ傾向が続いている。

図表1:文系の内定ピーク時期(予定)

●大学クラスで異なる内定取得状況

学生の内定状況は、大学クラスでくっきりと分かれている。旧帝大クラスと早慶クラスでは7割以上が内定を取得している。つづいて上位国公立大クラスと上位私大クラスが5割以上の学生が内定を取得している。

それ以外の大学の学生は苦戦している。その他国公立大クラスと中堅私大クラスの学生の内定取得率は3割台であり、3人に1人が取得。その他私立大学では、内定取得者は4人に1人しかいない。

上位校の学生は、内定取得率だけでなく複数内定取得率も高い。
※「みんなの就職活動日記」は、比較的就職意識の高い学生の登録比率が高く、学生全般の傾向値よりもやや高めの数値となります。あくまでも大学クラス間の比較としてご覧ください。

図表2:内定社数(文系)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。