長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

一方、企業が既卒者に内定を出したかどうかを見たのが図表5だ。まだ選考途中の企業もあり、内定者はまだ増える可能性はあるものの、すでに内定者が出た企業は6%しかない。すでに選考結果の出た企業の中で既卒者の内定者がいる企業は1/3もなく、現在選考中の企業での割合も同程度だとすると、内定者に既卒者が含まれる企業は全体の1割に満たない。「卒業して新卒枠で就職活動を継続する」学生にとっては、今年以上の狭き門になることは明白である。卒業までに何としても内定を取得して、とにかく社会人としてのスタートを切ることが大事である。

図表5:既卒者の内定状況

●学生のスマホ利用率は7割前後

これからの採用活動で重要性が増すのがスマートフォン対応だ。学生はスマホを愛用しており、文理ともに7割前後の学生が愛用している。この調査データは昨年12月に行ったものだから、現在の普及率はもっと高くなっているだろう。都市部では9割に達しているとも言われている。

図表6:スマートフォン利用状況

利用目的はメールだけではない。就職ナビや採用ホームページの閲覧や説明会予約などにも使っている。

ところが企業は、そういう学生のスマホ利用に対応しておらず、スマホ対応の採用ホームページを作成している企業はわずか5%に過ぎず、6割の企業は「スマホ対応の採用ホームページを作るつもりはない」と回答しているが、14年卒に向けては再考してもよいだろう。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。