長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

 

●SNS利用率とFB採用ページ閲覧企業数

13年新卒採用は「ソー活元年」と言われ、facebook採用ページを作っている企業は1000社とも言われている。実際に学生は就活にSNSを使っているのだろうか?

結論から言えば、誰もが使うほどにはまだ普及していない。文系で47%、理系に至っては64%が使っていない。

図表7:就職活動で使っているSNS

SNSの利用目的では情報収集が多い。とくに「友人との情報収集」がもっとも多く、文理ともに65%前後に達している。facebookの使い方のひとつに同じ大学や高校の卒業生探しがある。この機能を使えば志望企業の大学OB/OG探しが可能だが、文理ともに10%程度に過ぎない。

企業のfacebook採用サイトはあまり見られていない。文系の44%、理系の65%が見ていない。見たことのある学生もあまり積極的に閲覧しておらず、「1~3社」の学生は、文系の35%、理系の28%だ。

これらの調査データを見る限り、facebook採用ページ開設の必要性はまだ低い。ただしfacebook利用者は増加し続けており、来年は大きく変わっている可能性もある。

図表8:閲覧したfacebookの採用ページ

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング