長期化する2013年新卒採用(その1)--プレエントリー数、説明会参加社数とも減少

 

●企業から見た面接者数と、学生の面接社数の比較

面接者数についても前年比で「少ない」と回答した企業が25%、「多い」が18%と減少傾向は変わらない。12年卒と比較する「少ない」も「多い」も微減している。

図表8:面接者数の増減

学生側のデータを見ると、2013年卒文系で最も多い面接社数は「4~6社」、続いて「10~14社」と「7~9社」。この4~14社で全体の45%を占めている。

図表9:面接した社数(文系、3年比較)

理系は傾向が違う。4~14社がボリュームゾーンであり、61%を占めている。全体的に文系よりも面接社数は少ない。理系は、実験等のために就活に割けられる時間自体が文系よりも少ないことや、推薦応募も一定数あることによるものだろう。

図表10:面接した社数(理系)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT