長期化する2013年新卒採用(その1)--プレエントリー数、説明会参加社数とも減少

 

●企業から見た面接者数と、学生の面接社数の比較

面接者数についても前年比で「少ない」と回答した企業が25%、「多い」が18%と減少傾向は変わらない。12年卒と比較する「少ない」も「多い」も微減している。

図表8:面接者数の増減

学生側のデータを見ると、2013年卒文系で最も多い面接社数は「4~6社」、続いて「10~14社」と「7~9社」。この4~14社で全体の45%を占めている。

図表9:面接した社数(文系、3年比較)

理系は傾向が違う。4~14社がボリュームゾーンであり、61%を占めている。全体的に文系よりも面接社数は少ない。理系は、実験等のために就活に割けられる時間自体が文系よりも少ないことや、推薦応募も一定数あることによるものだろう。

図表10:面接した社数(理系)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。