長期化する2013年新卒採用(その1)--プレエントリー数、説明会参加社数とも減少

プレエントリー数を学生調査で見ると、文理で大きな違いがあることがわかる。

文系は「1~20社」「21~40社」「41~60社」「81~100社」が10%台で高原状態。例年と比べると、1社から80社までのプレエントリー数が増えており、100社を超えるプレエントリーは減っている。プレエントリー期間の短縮がそのまま影響したと思われる。

図表2:プレエントリー数(文系)

理系は「1~20社」が最多で3割超。続いて「21~40社」で2割強。3番目が「41~60社」で15%ときれいなカーブを描いている。2011年卒、2012年卒と比べても、あまり大きな変化はない。理系の減少カーブ、文系の高原型カーブという特徴は毎年のことだ。

図表3:プレエントリー数(理系)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT