長期化する2013年新卒採用(その1)--プレエントリー数、説明会参加社数とも減少

プレエントリー数を学生調査で見ると、文理で大きな違いがあることがわかる。

文系は「1~20社」「21~40社」「41~60社」「81~100社」が10%台で高原状態。例年と比べると、1社から80社までのプレエントリー数が増えており、100社を超えるプレエントリーは減っている。プレエントリー期間の短縮がそのまま影響したと思われる。

図表2:プレエントリー数(文系)

理系は「1~20社」が最多で3割超。続いて「21~40社」で2割強。3番目が「41~60社」で15%ときれいなカーブを描いている。2011年卒、2012年卒と比べても、あまり大きな変化はない。理系の減少カーブ、文系の高原型カーブという特徴は毎年のことだ。

図表3:プレエントリー数(理系)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング