長期化する2013年新卒採用(その1)--プレエントリー数、説明会参加社数とも減少

 

●説明会に参加する学生も減っている

会社説明会の参加学生数は、「少ない」と回答した企業が28%、「多い」と回答した企業が27%と拮抗しているが、昨年は「少ない」と回答した企業は25%で「多い」は3割を超えていたから、減少傾向が読み取れる。ただし、プレエントリーの減少率から見れば、会社説明会に参加する学生の減り方は緩やかだったと言える。

図表4:説明会参加者数の前年比

●企業規模で差がある学内セミナーへの参加

近年は就職ナビだけに依存するのではなく、ターゲット大学との関係を重視する採用手法に注目が集まっている。学内セミナーにはどの程度の企業が参加しているのか?

学内セミナーへの参加は企業規模によって大きな違いがある。「1001名以上」ではほとんどの企業が参加しているが、「1~300名」では43%と半数近くの企業が参加していない。採用担当者が少なく対応が困難ということもあろうが、大学からのお誘いがかからないという理由も大きいだろう。

図表5:学内セミナーへの参加状況

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。