橋本マナミが考える「デートにおける○と×」

男性の部屋に行きやすい誘い方は?

えっ?プラネタリウム?

学生のとき以来いったことがないし、観にいったところで寝ちゃうか飽きるかどっちかでしょ、と正直なめていました。がしかし、大人になってから観るプラネタリウムは新鮮で、映像も素晴らしく、迫力ある音楽にも感動しました。ここだけの話、その後もひとりで通うくらいハマってしまいました。

西郷山公園も人が少なく静かで、カフェで買ったコーヒーを飲みながらお花見を楽しむには絶好のスポットでした。

たった5時間のデートが1日中一緒にいたくらいの満足感。少しの時間でもその中で120%楽しませようとしてくれた彼のこと、素敵だなぁと思いました。

おうちデートの誘い方の○は?

続いては、デートはデートでもお家デートの誘い方の◯。家というのは付き合ったら行き来するのが当たり前になるけれど、初めてのときはやはり高いハードルがありますよね。相手とちゃんと向き合うほど、お家デートへの道は険しくなるような気がします。どうしたら自然な流れを作れるのでしょうか。

私も何人かとお付き合いしてきたなかで、いろいろな誘い方を体験しました。かっこいい家具を買ったから見てほしい、可愛いワンちゃんがいるから見にこない? 手料理を食べに来ない? とか。でも、これだとまだなんか踏み込みづらいのです。これで行ったら私、やる気満々に思われるんじゃない? と考えたりもしちゃうんです。

次ページおうちに行きやすい誘い方は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。