「最も愛人にしたい女」は、こうして生まれた

橋本マナミ、「私を変えた男」へのラブレター

橋本さんが彼と通ったレストラン「麻布ハウス」はすでに閉店。今は「リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ」の武田健志シェフが、“気取らないフレンチ”をコンセプトに、上質な料理とサービスを提供中
“いま最も愛人にしたい女性”と言われる橋本マナミ。彼女を、誰が、どうやって、大人の女性に変えたのか。これは、別れた彼へのラブレターでもある。

 

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

恋というものは、思わぬところからふってくるものです。その恋も予期せぬときにやってきました。

私が22歳のとき─ひとつの恋が終わって辛い日々を過ごしていたとき、大人の男性がふと現れました。友人との食事会に現れた彼は当時44歳、私より22も歳上の方でした。自分が過ごしていた日常では訪れることのない、新しいタイプの男性です。出会ったときの正直な感情は「お父さんの歳の方が近いなぁ……」でした。

1年くらいは"知り合い"という仲だった

出会いから1年くらいは共通の友人がいる“知り合い”という仲だったのですが、失恋したときに食事に誘ってくれました。軽快なトークで楽しませてくれて、今まで行ったことのない素敵なレストランに連れていってくれて……私には初めてのことばかりを体験させてくれました。何度か食事を重ねたのですが、東京の麻布十番にあったイタリアン「麻布ハウス」でのディナーは、とくに思い出深いものになっています。夢をみているかのような不思議な感覚でした。

笑顔が素敵でひょうきんで、体を鍛えているのにちょっとふくよかで、そんな癒やし系の彼に、魅かれていきました。楽しくワクワクした毎日を過ごして、当然どんどん好きになっていって、お付き合いすることになったのです。

彼と付き合った3年半の間に、私は自信をつけ、変わっていくことになります。

次ページ「愛人にしたい女・橋本マナミ」の誕生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。