「最も愛人にしたい女」は、こうして生まれた

橋本マナミ、「私を変えた男」へのラブレター

橋本さんが彼と通ったレストラン「麻布ハウス」はすでに閉店。今は「リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ」の武田健志シェフが、“気取らないフレンチ”をコンセプトに、上質な料理とサービスを提供中
“いま最も愛人にしたい女性”と言われる橋本マナミ。彼女を、誰が、どうやって、大人の女性に変えたのか。これは、別れた彼へのラブレターでもある。

 

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

恋というものは、思わぬところからふってくるものです。その恋も予期せぬときにやってきました。

私が22歳のとき─ひとつの恋が終わって辛い日々を過ごしていたとき、大人の男性がふと現れました。友人との食事会に現れた彼は当時44歳、私より22も歳上の方でした。自分が過ごしていた日常では訪れることのない、新しいタイプの男性です。出会ったときの正直な感情は「お父さんの歳の方が近いなぁ……」でした。

1年くらいは"知り合い"という仲だった

出会いから1年くらいは共通の友人がいる“知り合い”という仲だったのですが、失恋したときに食事に誘ってくれました。軽快なトークで楽しませてくれて、今まで行ったことのない素敵なレストランに連れていってくれて……私には初めてのことばかりを体験させてくれました。何度か食事を重ねたのですが、東京の麻布十番にあったイタリアン「麻布ハウス」でのディナーは、とくに思い出深いものになっています。夢をみているかのような不思議な感覚でした。

笑顔が素敵でひょうきんで、体を鍛えているのにちょっとふくよかで、そんな癒やし系の彼に、魅かれていきました。楽しくワクワクした毎日を過ごして、当然どんどん好きになっていって、お付き合いすることになったのです。

彼と付き合った3年半の間に、私は自信をつけ、変わっていくことになります。

次ページ「愛人にしたい女・橋本マナミ」の誕生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT