橋本マナミが考える「デートにおける○と×」

男性の部屋に行きやすい誘い方は?

女性はどんなデートを望んでいるのか。女優・橋本マナミが自ら筆を執り、デートの○と×を綴る

男と女の違いって、難しいけど奥深くて面白い。分かり合えないからこそ面白い。違いがあるから、デートって楽しいんですよね。

そこで今回は、私の経験をもとにした独断と偏見で「デートの◯と×」を紹介します。まずはいい思い出の◯からいきましょう。

午後1時から6時までのデート

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

何年か前の春、友達のひとりだった1つ年上の男性と久しぶりに再会し、急接近しました。彼はくしゃっとした笑顔が魅力的な時任三郎さん似の方で、しばらく会っていなかったせいか会話も弾み、お互いフリーだしデートしようと約束したんです。展開は早いもので再会した翌週の平日午後1時から6時にデートすることになりました。

けれど、6時までだとディナーもできません。映画を観てお茶するくらいかなと思っていたら、彼がこんなデートプランを提示してくれました。それは、渋谷区文化総合センター大和田にあるプラネタリウムを観て、そのあとお散歩して代官山の西郷山公園に桜を見にいく、というプランでした。

次ページ1日中一緒にいたかのような満足感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。