橋本マナミが考える「デートにおける○と×」

男性の部屋に行きやすい誘い方は?

女性はどんなデートを望んでいるのか。女優・橋本マナミが自ら筆を執り、デートの○と×を綴る

男と女の違いって、難しいけど奥深くて面白い。分かり合えないからこそ面白い。違いがあるから、デートって楽しいんですよね。

そこで今回は、私の経験をもとにした独断と偏見で「デートの◯と×」を紹介します。まずはいい思い出の◯からいきましょう。

午後1時から6時までのデート

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

何年か前の春、友達のひとりだった1つ年上の男性と久しぶりに再会し、急接近しました。彼はくしゃっとした笑顔が魅力的な時任三郎さん似の方で、しばらく会っていなかったせいか会話も弾み、お互いフリーだしデートしようと約束したんです。展開は早いもので再会した翌週の平日午後1時から6時にデートすることになりました。

けれど、6時までだとディナーもできません。映画を観てお茶するくらいかなと思っていたら、彼がこんなデートプランを提示してくれました。それは、渋谷区文化総合センター大和田にあるプラネタリウムを観て、そのあとお散歩して代官山の西郷山公園に桜を見にいく、というプランでした。

次ページ1日中一緒にいたかのような満足感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT