あなたにも出来る!社労士合格体験記(第53回)--小・中学生が労働できる例外とは?

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第53回)--小・中学生が労働できる例外とは?

2007年5月15日、亡き義父の竹馬の友、吉良市雄さんの叙勲のお祝いパーティに参加しました。吉良さんは大分県警に長年勤務し、敏腕刑事として活躍しました。現役時代は鬼刑事として恐れられた彼も、私の妻のことは、子供の頃から大変かわいがってくれたそうです。皇居での授与式の後のおめでたい席ということもあり、当日はとても和やかな雰囲気でした。

吉良さんには優秀な息子さんが3人います。皆さん大学入学で上京し、妻の家を東京の実家の様にして、学生仲間を伴い、毎晩のように集まってくれていました。特に次男、州司さんは妻の中学受験のときの家庭教師であり、三男、卓司さんは、デザイン会社を経営していた義父の運転手をやってくれ、寝食も共にすることが多く、2人はまるで“息子”だったようです。

その後、10代で父を亡くした妻にとっては、吉良さんは“お父さん”、息子さんたちは“お兄ちゃん”という、肉親以上の存在です。そんなわけで、私も結婚後吉良家の皆さんとのお付き合いが始まります。

ちなみに州司さん、卓司さん共に、現在は政界に転身。お父さん同様に「社会をよくするんだ」という正義感に燃え、活躍されています。

縁のあるニューヨークへ

結婚した1997年の晩夏には、当時商社勤務だった州司さんが赴任していたニューヨークを訪ね、夫婦で4日間居候したこともあります。住まいはニュージャージーだったので、ニューヨーク空港を利用し、タクシーで直行。奥さんと3人の娘さんが出迎えてくれました。時差ボケで多少疲れていましたが、到着するや否や、日本そばを振る舞っていただき元気復活。庭の広いとても環境のよい所で、マンハッタンとはまったく違う雰囲気を味わうことができました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT