5年ぶりにREITが上場

不動産の復活は本物

「日本の不動産に投資したいという海外投資家の意欲が目立って高まっている。投資決定権のある幹部がわざわざ出張してくるようになった」

私募不動産ファンドの運営会社幹部は最近、海外投資家の姿勢の変化を強く感じている。今春以降、アジアや中東の政府系投資ファンドや年金基金などの動きが活発になり、投資家訪問や日本の不動産物件の案内対応で忙しい日々を送っている。

債務危機に苦しむ欧州は不動産投資どころではない。北米の不動産市況は意外に堅調だが、中国の上海や香港、シンガポールの不動産市場はむしろマーケットの過熱感が懸念されている。これに対し、日本の不動産価格は直近のピーク時の2006~07年と比べて2~3割下落し、相対的に割安感が漂う。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。