5年ぶりにREITが上場

不動産の復活は本物

「日本の不動産に投資したいという海外投資家の意欲が目立って高まっている。投資決定権のある幹部がわざわざ出張してくるようになった」

私募不動産ファンドの運営会社幹部は最近、海外投資家の姿勢の変化を強く感じている。今春以降、アジアや中東の政府系投資ファンドや年金基金などの動きが活発になり、投資家訪問や日本の不動産物件の案内対応で忙しい日々を送っている。

債務危機に苦しむ欧州は不動産投資どころではない。北米の不動産市況は意外に堅調だが、中国の上海や香港、シンガポールの不動産市場はむしろマーケットの過熱感が懸念されている。これに対し、日本の不動産価格は直近のピーク時の2006~07年と比べて2~3割下落し、相対的に割安感が漂う。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT