iPhoneの「通知」がニュースにハックされた!

フェイスブック「Notify」が狙うものとは?

フェイスブックは新たなニュースサービスの提供を始めた。写真はカリフォルニア州メンロパークにある本社キャンパスの様子(提供:フェイスブック)

11月11日、フェイスブックがiPhone専用アプリ「Notify」をリリースした。このアプリを一言でいえば、自分のiPhoneの待ち受け画面を、ニュースのヘッドラインで埋め尽くすアプリだ。

インストールしてしばらく使ってみると、これは非常に興味深い「壮大な実験」であることがわかった。そして、筆者はこのアプリを削除した。

「iPhoneをニュースを読むためだけの道具にしたくない」というのがその理由だ。それだけ強力なインパクトのあるアプリなのである。いったい、どのようなアプリなのか詳しくみていこう。

Notifyとは?

Notifyは、「Stations」と呼ばれるニュースチャネルを購読して使い始めるアプリだ。

ラインアップには、おなじみの媒体が揃っている。例えばCNN、Vogue、Fox Sports、The Weather Channel、Billboard、BuzzFeed、Wired、The Verge、Mashable、Bloomberg Business、MarketWatch、など70社ほど。ビジネス、ファッション、スポーツ、ローカルなどから選ぶことが可能だ。購読したStationsの最新ニュースが、ホーム画面に「Notifyの通知として」届く。

次ページプッシュ通知をきっかけとしたニュースリーダー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。